スト帰りの朝、家で一睡もすることなくソファーでLINEをいじってたら、
昨日LINEゲした、人違いB級からLINEがはいる。

話しが盛り上がり、声聞きたいって事で番ゲして電話。
ダメもとで「今日会おう」って言ったら「休みだからいいよ」でアポ確定。
仕事の段取り全くしてなかったので半ば無理矢理退社。。。

人違いB級登場。
居酒屋に移動。半個室のカップルシート。
ここは昔アポに使って個室に入った瞬間、女に「別の店にしましょう」と言われた瞬希的にはいい思い出がない居酒屋。。。今回はある程度、瞬希に食い付いてるのでそんな事は言われなかった。

いろいろ情報収集する。25歳、キャンギャル、前彼は服装がダサい、浮気された、猫と住んでる。。。あとわ忘れたw
俺と人違いした事を深く聞いてみるとなんかしっくりこない。。。
「なんか凄いお洒落な雰囲気があってビックリして間違えた」とか意味解らん事言ってるので、あぁ逆ナンしたのか。。。と瞬希はいいように解釈することにしたw

世間話もそこそこに、恋愛話し&少々エロを足していく。
手を握ったり、足を触ったり、ケツチェックをしたり、時折、目を深く見つめたりとしてると、人違いB級の目がトロトロになってるのに気づく、

思わず瞬希「自分、目トロトロやん」

人違いB級「だって朝からめっちゃ緊張してて会ったらめっちゃお洒落やし誠実そうやし、そんな人に見つめられたら恥ずかしいやん」

これはイケる。。。瞬希は思った。店を出ようと考えた。がその時、
フードのラストオーダーを店員が告げる。

人違いB級「かまめし食べたいー♪」これが命とりになる。。。

この「海鮮かまめし」来るのが遅過ぎる!
待ってる間にキスを試みるが、

人違いB級「付き合ってないのにダメー♪」
きたよ。付き合ってないグダ。

全然予習してなかったが、崩す努力をする。
したい気持ちはあるけど、やはり初対面だからとグダられる。

女が少し我に帰る。女の食いつきが少し下がったのを感じた。
「海鮮かまめし」お茶漬けのごとくサラサラと流しこんで,

瞬希「じゃあ行くか」ってことで退店。

エレベーターで再度キスを試みるも華麗にスルー。でも手は繋ぐ。
駅まで帰る途中、頑張って口説いたが、

人違いB級「キャー口説かれてるー♪」嬉しそうだがやはりスルー。

無謀にも泊まりを打診してみる。
人違いB級
「家に猫がいるから、今日は預けてきてないのーほんとゴメン」
猫グダ頂きました。

なんかこのやりとりが若干楽しくなってきたので、無駄に食い下がってみる。

瞬希「じゃあ家行くよ。猫好きだし、俺ネコ可愛がる選手権日本3位だから安心してw」
数々のAFC的食い下がりをしてみるが、崩せず。

あまりしつこくすると放流されると思ったので、
瞬希「じゃぁ人違いB級子のペースに合わせるよ。ゆっくり付き合っていこう」

人違いB級「ありがと。絶対、瞬希とは一緒に買物とか行きたいし、また会いたいから、今日はほんとゴメンね」でバイバイ。

30分後くらいに電話して話してると後ろからピンポーンとインターホンが聞こえてくる。
B級「あっ!違うの!今日瞬希と会うのに断った友達がきたの!ホントだよ」
あたふたした挙げ句その友達に電話を変わられて、

女友達「こんばんわ。話しは聞いてます。」

瞬希「ううん。。。こんばんわ。別に疑う理由もないんだけどね。。。」ってな会話&挨拶して再び人違いB級と変わって
「来週絶対また会おうねっ♪」

瞬希「はいよ」でバイバイ。んでアポ終了。。。。。。。

まぁ準準即を狙うか。がしかし、次の日LINEを送るも返事なし。ゲラゲラw
チッしょぼ腕がぁっ 乙。


反省?
食いつきがあったのに、終盤は俺が食いついてしまった。
これはダメだよね。。。
グダ崩しをちゃんと用意する。ラストオーダーで釜飯は頼まないw(釜飯は関係ないけどね)
女の都合やタイミングもあると思うけど、もっと何かできたのかなー?
経験値不足なんでよくわからんわ。。。