今LINE中のアパレルちゃんに対する依存度を下げる為にLINEゲに奔走する中、裏ではザオラルもやっていた。この女は絶対復活すると思ってたから今までほったらかしにしてたけど、この前ダリーさんと飲んだ時に「あれ絶対いけますよ!」と言われたのをきっかけにザオラルを試みたら、案の定復活してあれよあれよとアポの日程が決まったのである。

その調子であれよあれよと戯れまで漕ぎ着ければいいなと思ったが、初回のアポの感じを振り返ると、金も使いたくないしなんか会うのが面倒になってきていた。さすがにドタするレベルの女でもないので適当にノープランでUに向かう。 



19:15 


エスカレーターから
スタイルの良い美人が降りてくるのが視界に入り目を奪われた。よく見るとその女だった。おいおいwこんな感じやったっけ?俺に気付いてなかったので後を追う。女はノースリーブで少し短めのワンピを来て8cmくらいのヒールを履いていた。俺と目の高さがそんなに変わらなかったので170cmくらいはあるんだろう。色白な肌が露出した感じが魅力的だった。髪は茶髪ロング。。。てかスタイルめっちゃいいじゃないか。急にヤル気が出てきた。

笑顔で話し掛ける「○○ひさしぶり」女も笑顔で答える「ひさしぶりー」 

瞬「んじゃ雨やし俺ん家で飲むか」
女「なんでそーなるw」

女の顔をまじまじと観察する。目がクリッとしてて目鼻立ちがはっきりしている外人顔(ロシア系)だった。ホクロが若干気になるが美人である。でも36歳という年齢的な理由で“C+”ってとこか。“B”はあげれないな。とか思いながら居酒屋に向かう。ノープランだけど貴族の店じゃ芸がないので炉端系の激安居酒屋に連れて行くことにした。 

炉端系の店は椅子が低いので女のパンチラを気にしつつタオルを差し出す。
女「いいよハンカチあるから。ありがと♪」

女は店員を呼びつけ酒と食い物を注文する。店員にはフレンドリーに接するけど目線的には上からタメ口である。あぁこんな感じだったな。だんだん思い出してくる。

この半年間お互いどうしてたか話す。もちろん俺はほぼ何も話さない。軽く質問すれば女は勝手にベラベラ話し出す。相変わらずプーのクセに週2で飲みに行ってるらしい。仕事の話しとかどうでもいいので軽く流しつつ色恋話しにスムーズに移行した。

瞬「あれからどーなん?なんか浮ついた話しわあんの?」
瞬「変わらず色気無しやからどうせなんもないんやろw」

女は色恋経験が歳の割に極端に少なかった。そのせいでかどうかはわからんけどムラっとするような色気は相変わらず感じなかった。

女は「ひどーいw」と言いながら女は話し出す。

女の男友達Aとその友達B(男)と正3で遊ぶことが何回かあったらしくて、ある日酔っぱらって男友達の友達Bにホテルに連れ込まれてヤッららしい。もちろん女の男友達Aはその事を知らない。1回ならまだしも日を改めて同じ事を2回したらしい。それで男Bはまた別の場で酔った勢いで付き合ってと言ってきたが、女も酔った勢いでキレて帰ったらしい。。。
この話しをきっかけに再び女の恋愛観を聞くことになる。俺も忘れてるから復習みたいな感じね。

女は一生懸命口説いてくる男に対して、立ててあげなくてはという気持ちになってつい体を許してしまうらしい。セク自体は気持ちいいもんだしみたいなノリで。しかも男の車だから帰れないし、ホテルまで来てしまったし、みたいな絵に描いたような女がセクする時にあえて男が与える理由付けに乗っかって自分を正当化?していた。

そこ立てんでええやろ。てかこの話しでたぶん終電逃さすだけでセクれる事を確信した。
目を見てればトロトロなんで俺への食い付きも充分だし。

何で前のアポで気付かんかったんだろう。
でも敢えて俺はお互い楽しんだ上で自然に求め合って抱きたいという考えを展開した。付き合わんけどな。と付け足して。

だからデートして楽しんだ上でやろうぜ?みたいな意味のない事を提案した。
女はそんなん始めからヤルの決まってるんなんか嫌やと返してきたけど、

瞬「1日遊んでヤル気にならんかったら帰ったらえぇやん、何もヤルんは確定してへんで」
瞬「とりあえず来週の土曜日空けといて」と強めに言った。
女「わかったw」 
瞬「あっでも生理やったら別の日にしてなw」
女「やっぱヤルんじゃんw」
瞬「一応やん一応w」 
女も会うの2回目かなんか知らんけど前回より俺に心を開いてるような気がしたので聞いてみたら案の定
女「だって会うの2回目だしw」って言ってた。 

ほぼ女の恋愛観とエロ話しで普通に楽しかった。 テーブルの前にはいつの間にか日本酒の1合瓶が4本程転がってた。女との距離も近く次第に俺の中で性欲が沸き上がるのを沸々と感じていた。


23:00

店を出て俺は帰ろうとしたけど、女はまだ時間あるしビールを飲みたいと言い出した。おいおい終電逃すルーティンを唱えようとしているのか?今日なんて泊まれるわけもないので、

瞬「俺、明日仕事朝早いしもう1杯だけ飲んで帰るか」と先手を打った。
すかさず手を握って歩こうとするけど女は拒否ったがかまわず
瞬「もうええから」と一蹴すると手を絡ませてきた。

駅中の立ち飲みBarに入る。お互いビールを注文し30分程話して店を出て女を改札まで送る。去り際に改札前で抱き寄せてキスをした。女は恥ずかしがってそそくさと改札を抜けて帰って行った。

23:45 終了


振り返り

反省はとくに無し。

女は初めての恋愛とセクの経験が今の恋愛観にそのまま繋がっているんだと思った。やっぱり恋愛観を聞き出すのは大事な事なんだなー。