9/26
気分を変えたくてクラブに行ってきた。平日はワンドリンク代だけで入れるので1度行ってみたいと思っていた箱だった。20:00に街に出て20:30~箱に入ろうと思っていたのだが、それまでにストで5声掛けれなければ行くのを止めようという設定をした。なんとかギリギリで5声掛けて少しモチベを高める事ができたので箱に向かう。そこは今までで一番狭い箱だった。入ってすぐの柱にもたれ掛かってフロア全体を見渡した。人はまだ全然いなくてスーツ姿の男達が中途半端な踊りでこちらをチラチラ見ながら身を揺らしていた。“いやお前ダサイからw”と心の中で思いつつ時間が経つのを待った。

21時を過ぎると人が少し増えてきたが、まだ全然男のほうが多かったので音に耳を傾けた。興味がないので曲名やジャンルは分からないが何処へ行っても流れてるような曲だった。たいして体が反応するわけでもなくただひたすら女が入ってくるのを待った。

22時。相変わらず男が大半だったが女も少なからず入っていたので酒を注文し動く事にした。女は必ず2人組かそれ以上の人数で来ているので声を掛けにくい。しかしそんな事は言ってなれない。ストよりかはオープンしやすいので逆3で声を掛け始める。。。。。。。。。。。

最近長々と書くのが自分の中で楽しいのでつい内容がなくてもダラダラ書いてしまってるけど、たいした内容じゃないのに書くのめんどくさいw 

まぁ結果は23時までいて身動きとれないくらい男が増えてきたので耐えれなくて出た。
当然、地蔵ではなかったが坊主であるw

その後、いつもの場所でストをしようとウロウロしていると、ダリーさん発見。なんかホっとして声を掛ける。地蔵話をしながらストして終了。


反省・雑感
逆3はやはり躊躇する。2人に均等に話し掛けるか、1人に定めて話すかどっちがいいのかは判断つかなかった。1人、超絶にチャラい感じの男が逆3しまくってて、番ゲや連れ出しはしていなかったが2人の女にうまくギラついたりして和んでたのは印象的だった。

ストよりかはノリで会話できるが、クラブ用のオープナーも考えよう。

週末に3000円近くを払ってのヒトクラは嫌だけど、600円程度ならソロで行ってクラブでの立ち回りに慣れておくのもいいかなと思った。もしかしから女が多い曜日があるかもしれないしw ないかな。。。